当ブログは"Resting Station"の日記バックアップコンテンツです。


Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
アロハロ!モーニング娘。写真集
アロハロ!モーニング娘。写真集 (JUGEMレビュー »)
尾形 正茂, 能美 潤一郎, コブカタツヨシ
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

Resting Station〜矢口真里が大好きなブログ〜

<< 6月20日ハロモニ。reveiw | main | 6月26日ハロモニ。reveiw >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Last Letter
藤本美貴様

美貴ちゃん、美貴さん、藤本さん・・・。
なんて呼ぼうかな。
やっぱ今まで手紙でずっと書いてきた「みきてぃ」っていうのが一番しっくりくるかな。
みきてぃ。
ずっと言おうと思っていて言えなかったことがあります。
「もうあなたを好きでいることをやめます」
そんなことを言いながら、未だ部屋には1枚だけポスターを残していたり、
ショップへ行くとまるでついでか惰性のように写真を買っていたり。
いつかまた、よりを戻すかもしれない。
いつかまた、あの頃のように死ぬ気で愛せるかもしれない。
そんな淡い期待に望みをつないで、いつまでも未練がましく今日まできてしまいました。

安倍なつみのソロコンサートが先日始まりましたね。
安倍なつみファンが「素晴らしい」「感動した」ってみんな言うんです。
それはそうでしょうね。
自分の好きな子の、待ち焦がれた晴舞台ですから。
そんなコメントを聞くたびに、ボクは嫉妬してしまいます。
みきてぃとみきてぃを愛するファンから楽しい時間が奪われて、もう随分と時間が経ってしまいました。
最高に幸せだった日々は、もう遠い過去の話。
昨日ね、倉木麻衣さんのコンサートを見てきたんですよ。
バンドを従えて嬉しそうに歌う倉木さんは、本当にかっこよかった。
たくさんの照明を浴びる倉木さんを見ているうちに、いつのまにか夢を見ていたんですよね。
みきてぃがバンドを従えてステージに立つ。
人さし指で軽く後ろに向かって合図を送り、ドラマーがスティックでカウントする。
照明が一斉にみきてぃを照らし、みきてぃは拳を突き上げて歌いだすんだ。
そこにはブギトレもロマ浮かもいらない。
涙GIRLであり、満月であり、幼なじみ、そして恋よ美しくなんだ。
観客はみきてぃに煽られて盛り上がり、そして静かにみきてぃの歌声に聞き入る。
多分この4曲だけは、他のどんなライブにも負けない最高のものでした。
それはみきてぃの実力がどうとか言うんじゃなくてね、ハローくささがないことで、みきてぃもファンも、本当の意味で音楽というものを楽しめたと思うから。
そしてそれがただのカラオケじゃなかったら最高だったろうにね。
今となっては、もう夢の話ですね。
でも倉木麻衣のコンサート会場で夢見たとき、そこに立っていて欲しかったのは、誰でもなくみきてぃ、あなたでした。

人と出会い、好きになるってことは多分、それぞれの人が進んでいるベクトルがたまたま交錯している状態だと思うんですよね。
ボクがみきてぃと出会い、一緒に過ごしていた時間というのは、きっと同じ未来を夢見ていたと思うんです。
ベクトルが交わり、重なることで、みきてぃはボクに夢を与えてくれた。
そして引っ張っていってくれてたんだよね。
ボクは幸せな未来を夢見て、みきてぃを一生懸命追いかけてたんだ。
でも人が持つベクトルというものは、いつまでも同じ方向ではいられないんだ。
交わることもあれば離れることもある。
みきてぃの持つベクトルが人為的に曲げられてしまったとき、進むべき方向を示してくれる人を失ったボクは、暗闇の中でただ立ち尽くすしかなかったんです。
一生懸命みきてぃの姿を探し、後を追いかけようとしたけど、どんどん離れて行くみきてぃにボクはついに追い付くことはできなかった。
あれから1年以上が経ち、みきてぃを探して暗闇をさまようのももう疲れてしまいました。
もうやめます。
本当に終わりにします。
ごめんね。
ボクにはもう、みきてぃが見えないんだよ。

大切な人ができました。
「できました」というのは少し変かな。
大切な人に気付きました。
気付かないうちにずっと同じベクトルを歩いてきた人です。
時々闇の中で足を踏み外しそうになった時、いつもそばにいてそっと手を差し出してくれた人。
ボクを前から引っ張るのではなく、いつも後ろから背中を押してくれていた人。
みきてぃのことを探すのを諦めて蹲った時、彼女は、今までボクの前に立ったことなんてなかったのに、初めてボクの前に立って、「オイラについてこい!」って言うんだよ。
みきてぃ、ごめん。
そして、ありがとう。
みきてぃと過ごした最高に楽しかった日々を胸の奥にしまって、ボクは新しい方向へ歩き始めます。
矢口真里と一緒に。
| 藤本美貴orz | 17:37 | comments(1) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 17:37 | - | - |
矢口真里で検索していてココにたどり着きました。

自分も全く同じ気持になって今に至ります。
藤本美貴が大好きだったのに・・気付いたら矢口しか見えなくなっていました。
これを読んで、何となく心の中にあったもやもやの正体が分かった気がします。
上手く言葉じゃ言えないけど、凄く共感できるものがあり思わずコメント書いてしまいました。

ブログを見る感じではもう更新してないようですが、読んでもらえてたら嬉しいです。
勝手にすいません。それでは失礼します。
| 匿名希望 | 2007/01/28 1:19 PM |









http://yaguchimari.jugem.cc/trackback/21
藤本美貴
藤本美貴の検索結果はこちら...
| モデルブログ | 2006/09/14 2:21 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/12 5:46 PM |