当ブログは"Resting Station"の日記バックアップコンテンツです。


Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
アロハロ!モーニング娘。写真集
アロハロ!モーニング娘。写真集 (JUGEMレビュー »)
尾形 正茂, 能美 潤一郎, コブカタツヨシ
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

Resting Station〜矢口真里が大好きなブログ〜

<< 7月18日やぐモニ。Review | main | 2004.7.24・25 Hello! Project 2004 SUMMER 〜夏のドーン!〜 大阪公演 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
女子かしまし物語 PV
なんか各所で大好評のPV。
ここまでウケがいいと、逆に批判したくてたまらないのだけど、なかなか「コレ!」というのが見つからない。
尤も重箱の隅をつつけばなくはないのだが、そんなことをさせる気にしない程度によくできている。
発売前から「PVには期待できる」という意見が多かったわけだが、ヲタにとっては期待通りの出来だったようだ。
ヲタの期待・・・それはとにもかくにも自分の推しメンが映ること。
そういう意味で今回のPVは、全員がほぼ平等に取り上げられる。
もちろんサビ部分での差別はあり、あの狭い空間で主要メンバーが前列で躍れば、後方に追いやられた干されメンバーは全く見えない。
それでも!今までほとんど映らなかったメンバーが最低でも自分のブロックはスポットを浴びているわけだから、
誰を推しているヲタにも楽しめるものとなっているのは間違いない。

今回のPVはオープンロケである。
娘。のPVは長い間スタジオにこもっていた。
スタジオというのは完全に作り込みの世界で、演出家の思う世界をどうにでも再現できるというメリットがある一方、
セットにはそれなりにお金がかかるわけで、予算がなければそれなりのものしかできない。
最近の(いや、もう2年ぐらいの間)PVでは、ちゃちいセットで狭い空間しか演出できなかったことで、見ていて非常につまらないものであった。
毎回ただ背景が変わるだけで、結局そこで娘。がダンスして、ちょっとシチュエーションを替えたインサートショットを挿入するだけ。
こうなるともう、自分の推しメンが映っているカットを切り取って終わりだ。
そういう意味で、今回外へ出たのはかなり評価できる。
まず開放感が違う。
映像全体が明るい。
スタジオでどんなに照明をたいても、太陽の光には勝てない。
それはそのまま、メンバーの表情にも現れている。
ボクも仕事柄スタジオに籠もることがあるが、スタジオで撮影の日は気分が落ち込む。
なんだろう・・・スタジオは長い時間いると息が詰まりそうになってくる。
・・・私事は置いておこう。

狭い車内を所狭しと踊りまくるメンバー。
本当に狭いのだが、窓の外に空間が広がってるので息苦しさがない。
イスに上がったりつり革にぶらさがったり…メンバーは開放感を楽しんでいるのだ。
だから見ているこっちも楽しい。
特にパニックトレインVer。
通勤ラッシュさながらの車内で、うまく自分のポジションを確保して躍る様は見ていてとても愉快。
と同時に、彼女たちのフォーメーションの素晴らしさに感心する。

本編の方には、随所に小技を効かせていて、見る度におもしろい。
普通は絶対に気づかないような小道具-例えば路線図。メイキングがなければ全く気づかなかった。
編集上のちょっとした遊び-メンバーチェンジの切り替え。
どの効果も決してお金も技術もそうかかったものではない。
それでも「お!おもしろいな!」って思える。
これがアイデアの勝負。
お金なんてかけなくても、いいものは出来るのだ。
なんといっても、料理される素材は超一級品なのだから。
娘。のメンバーというのは「面白い!」と思えば必ずそれを表現してくれる。
彼女たちをいかにしてのせるか。
今回のディレクターはいい仕事をした。

やぐについて少し。
ホントによく表情が変わる。
画面の真ん中でも端でも、しょっちゅう現れては表情で歌詞を見せてくれる。
PVからやぐだけで70枚ほど静止画をキャプチャーしたが、どれも表情が違うのだ。
やぐが映るたびに1フレームずつ送って「お!お!」なんて言いながらキャプチャーしてしまった。
前述の話題とかぶるが、やぐが楽しんでるからいろんな表情が出てくるのだろう。
作った表情ではこれほどのバリエーションにはならないから。
やぐだけではない。
メンバー全員が楽しそうにやっている。
そして見ている方も楽しくなる。
これがこのPVの最も評価すべきところ。
無駄に凝った飾りや奇をてらった演出はいらない。
メンバーが本当に楽しく歌い、踊り、それを見るファンも楽しくなる。
それが"モーニング娘。"だから。


にゃんと!やぐが2人!?(((( ;゚゚)))ガクガクブルブル
| モーニング娘。のこととか… | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:29 | - | - |









http://yaguchimari.jugem.cc/trackback/31